2014年06月29日

さぬき百景巡りBと史跡巡り〜

今日は朝6時からおでかけ〜
雨が心配だったけど、どうにかもってくれた。

1番目に行ったのは「四国八十八か所霊場 第73番札所 出釈迦寺(しゅっしゃかじ)の奥の院」
善通寺市吉原町にあるんやけど、奥の院は我拝師山(がはいしざん)の中腹にあるけん
そこから歩くんや〜

みてーー、すごいもやw

出釈迦寺
参道を歩いてると、紫陽花がたくさん^^
出釈迦寺 紫陽花出釈迦寺 紫陽花出釈迦寺 紫陽花
割と坂がきつかったりするん(@_@;)
途中、眼下を見下ろすとほらー、結構のぼっとるー
出釈迦寺
あそこにも、紫陽花があるなー
父親がみつけたけん、行ってみたら!!
出釈迦寺 紫陽花
色とりどりの紫陽花−
これは、奥の院の山門の手前を左側に下がったとこ。

山門でーす。
出釈迦寺 奥の院 山門
「捨身ヶ嶽」って書いてるの見える?
弘法大師が7歳の時の、こんな伝説があるんやって。

我拝師山に登り「私は将来仏門に入り、仏の教えを広めて多くの人を救いたい。私の願いが叶うなら釈迦如来よ、姿を現したまえ。もし叶わぬのなら一命を捨て てこの身を諸仏に捧げる」と、断崖絶壁から身を投じました。すると、紫色の雲が湧き、釈迦如来と羽衣をまとった天女が舞い降り、雲の中で弘法大師を抱きと めました。命を救われ、願いが叶うことを示された弘法大師は、青年になって我拝師山の山頂で虚空蔵菩薩像を刻んで安置し、堂宇を建てたといいます。

これが、その時の様子かな?
鐘楼に刻まれとるw
出釈迦寺 奥の院 鐘楼

山門ぬけてあるのが、室町時代の作とされる磨崖五輪塔(まがいごりんのとう)。
出釈迦寺 奥の院 摩崖 五輪塔

これが、根本御堂ー
出釈迦寺 奥の院 根本御堂
このお堂の左脇の通路を歩いていったら、
捨身ヶ嶽の行場にいけるんやー
出釈迦寺 奥の院 行場
これな、登るんw
弘法大師が、飛び降りた場所。

今回は雨あがりやったし、カメラもってたけんいかんかったけど、
すごい絶景なんでー。
ただ、怖いけどな。。。

これ前の写真。
上がったら、「石の護摩壇と稚児大師像」に出会えるよ。
出釈迦寺出釈迦寺
お参りして山を降りたんw
帰りに、見つけたよー(●^o^●)
出釈迦寺 紫陽花出釈迦寺 奥の院 西行法師腰掛石

奥の院までは、駐車場から普通に歩いて片道40分かな?

ちょっと休憩して、次はさぬき百景巡りだよー。

「源内旧跡と岡の松(真覚寺) /さぬき市志度町志度48」

これがお寺。
岡の松(真覚寺)岡の松(真覚寺)

岡の松、いうんはな、真覚寺境内に生育しとったクロマツの巨木。
幹回りは9メートルあり樹齢は約500年といわれてて、日本国内でも
有数の松の巨木として知られとったんやけど、病虫害の被害に遭って
1993年に枯れてしもたらしい・・・

一時は、日本一って言われてたみたい。

とっても、大事にされてた松やけんな、枯れた松が再生せんかって
樹医さんが、芽がついた枝を林木育種センターへ送って、
1994年には苗木5本が真覚寺への「里帰り」を果たしとるんやってw
すぐ近くにあるんが、源内旧邸
平賀源内旧邸平賀源内旧邸
これは、あの有名な平賀源内の生家。

時代は、享保13年(1728年)〜 安永8年12月18日(1780年1月24日))。
江戸時代中頃に活躍した人で、こんだけ肩書き?があるん。

本草学者、地質学者、蘭学者、医者、殖産事業家、戯作者、浄瑠璃作者、俳人、蘭画家、発明家。

次は、同じくさぬき百景の「志度寺/さぬき市志度1102」
四国八十八か所霊場 第86番札所なんw。
推古天皇33年(625)の創建って古いんやなー。

志度寺 さぬき百景
全国的にも珍しい三棟造り仁王門!
国指定重要文化財で、仁王さんは、奈良で活躍してた仏さん彫ってた
運慶の力作なんやって。
志度寺 仁王門

続いて本堂〜
これも、国指定重要文化財。
志度寺 本堂
五重塔も、立派なたたずまいやなー。
志度寺 五重塔
本堂のお隣は、大師堂。
志度寺 大師堂

彫刻がすごいなーw
志度寺 大師堂
そして、閻魔堂。
1200年祭のからみで、中の閻魔さんがみられるよー。
志度寺 閻魔堂

2つ、さぬき百景巡った後は、女軆神社へ。
大窪寺の裏の山で「女体山」ってあるん。
774mもある、高い山〜
さぬき市寒川町石田西でーす。
女体山

大窪寺の脇の道を入ってひたすら走ると到着!
女軆神社(にょたいじんじゃ)山門。
女軆神社 山門女軆神社

ちょっと、うっそうとしてるやろ?
え。。。ここ、登るん><。。。
ぶつぶつ言う、ぷらりんと歩きまーすw
女軆神社 参道
紫陽花が瑞々しい〜
ここは、紫陽花がきれいってことでも隠れスポット♪
女軆神社 紫陽花女軆神社 紫陽花
隋神門〜
女軆神社 隋神門
石の祠。
女軆神社 石祠

参道に、キノコもあったーー
女軆神社 きのこ

見下ろすと、なんともいえない景色w
晴れてたらよかったなー。
女体山

2014/6/28

posted by まちぐる at 11:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 取材日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。